本

借入がすべてなくならない

個人再生を行うことで、借入額を大幅に減らして返済できるようになります。法律事務所に依頼するとスムーズに行えますが、デメリットとしては借金の全てがなくならない点、一定の返済能力がないと利用できない点等があります。

説明

弁護士の提案で万全の対策

安定した収入があれば申し立てられるのが個人再生ですが、いくつかのデメリットがあります。ただし、資金計画をしっかりと立てる、闇金に注意することで、デメリットへの対策が可能です。それらのサポートを提供する弁護士に依頼し、安心の個人再生としましょう。

バッジ

債務整理においての比較

個人再生を行うデメリットは国が発行している「官報」に名前が載ってしまう事です。その結果、一部の職業に就く事が出来なくなる他、場合によって高利子の業者から借金の勧誘が来る事もあるので注意が必要になります。

女性

財産を維持したまま手続き

借金の支払いが苦しい場合、債務整理をする手段があります。しかし、車や家などは残して再生させたい、大幅に減額をしたいなら個人再生です。住宅を失うことはないので自己破産よりもデメリットは少ないですが、任意整理以上に減額できます。

ジャッジガベル

住宅を維持できる

借金の返済を楽にする方法としては自己破産も知られていますが、自宅を失うなどデメリットも少なくない方法です。自宅を維持しながら借金を減額するなら個人再生も検討してみましょう。難しい手続きがあり、専門家の依頼も考えていく必要がありますが、借金問題をより早く解決することができます。

手続が難しい

男性

専門家の依頼も考える

債務整理にも様々な方法がありますが、特に自己破産はよく知られている方法です。免責が認められれば全ての借金の支払が免除されるのが最大のメリットですが、デメリットも少なくない方法です。デメリットとしては、価値のある財産がある場合はそれを手放す必要があり、マイホームがある人はそれを失うこととなります。家がなくなることはその後の生活にも大きな影響がありますし、精神的なダメージも少なくありません。そこで、注目されているのが、マイホームを維持しながら他の借金を大幅に減額できる個人再生です。個人再生の場合は住宅ローンはそのまま支払い続けることができますし、職業や資格の制限もありませんので仕事を失う心配もありません。住宅や財産を維持したい人には向いている方法ですが、個人再生にもやはりデメリットはあります。他の債務整理と同様にしばらくは新たな借り入れやカードを作ることは難しくなりますし、個人再生を行ったことは官報に掲載されることとなります。そして裁判所の手続きも必要ですので、法律的な知識が全くないとスムーズに進めていくことは困難です。デメリットは全くないというわけではありませんが、マイホームを維持しながら、借金を大幅に減額できるのはやはり魅力的な方法と言えるでしょう。手続きについては借金問題に詳しい弁護士や司法書士のサポートがあるとよりスムーズです。専門家が介入してくれると取り立てをストップさせることもできますし、難しい手続きも全て代行で行ってくれるので安心です。

Copyright© 2018 個人再生のデメリットを把握する【官報に掲載される】 All Rights Reserved.