財産を維持したまま手続き

女性

任意整理よりも支払が楽

借金の支払いが苦しい場合、その借金の債務整理をするといっても債務整理の手続きは複数ありどれを選んだらいいかとなります。債務整理の手続きには、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産があります。この中でどれを選べばいいかですが、任意整理をするにも取引履歴を取り寄せて過払い金を計算してみたら、大した額が発生していなかったので減額はあまり見込めない、自己破産をすれべ借金の返済を法的に全額免除してもらうことができますが、住宅や車を保有している場合は処分をしなければならないです。処分されないように名義を変えておく、それが発覚すれば免責不可条件になってしまいますのでやらないほうがよいです。住宅や車を持ち続けながら債務整理、借金を大幅に減額できる手続きというのが個人再生です。個人再生であると裁判所が監修してくれるので、任意整理のように債権者が減額要求に不満があれば応じてくれないことがありますが、強制力があるので減額は可能です。自己破産よりデメリットは少ないのですが、個人再生のデメリットとしては手続きが自己破産以上に複雑で長い期間がかかることです。他の手続きと同じくブラックリストに載ってしまうデメリットもあります。そして、全額借金が免除されるわけではないので、残りの借金を3年以内に返済できるようにするため安定した収入があることも求められます。利用条件が厳しいデメリットもあります。いずれの手続きもデメリットはありますが、何が最適なのか弁護士に相談をして判断してもらうのがよいです。

Copyright© 2018 個人再生のデメリットを把握【プロの力を借りて早期解決を目指せ】 All Rights Reserved.