住宅を維持できる

ジャッジガベル

手続が難しい

借金の悩みを解消する方法としては、自己破産が良く知られており免責が下りればすべての借金の返済義務がなくなることは最大のメリットと言えます。とはいえ、この方法はデメリットもまた多い方法ですので、手続きは慎重に行う必要があります。まず、借金がなくなるのは利点ですが、その代わり自宅など価値のある財産がある場合はそれを失うこととなってしまいます。借金はなくなっても家を失うことはかなりのダメージです。そこで、最近は他の借金を大幅に減額しながら、マイホームを維持できる個人再生を選ぶ人も増えています。個人再生の場合は借金が全てなくならないというのはデメリットに感じるかもしれませんが、住宅ローンは今まで通りに支払うことができますので、家を失う心配はありません。住宅だけではなく他の財産の処分がないのも個人再生の良いところです。個人再生を選ぶ際も他にデメリットがないかは確認しておきたいですが、他の債務整理と同様、5〜10年程度は新たに借り入れをしたり、クレジットカードを持つことは難しくなります。それから一般の人の目に触れることは少ないですが、官報に情報が掲載されることもデメリットとしてあげられます。この他には手続きを行う際にも費用が発生すること、裁判所の手続きも必要ですので、手続きは簡単ではありません。スムーズに進めていくのであればやはり弁護士など専門家のサポートを受けることとなります。専門家に依頼すると費用も発生しますが、そのかわり順調に手続きを進めていくことができること、借金の取り立てをストップさせられるのはメリットです。

Copyright© 2018 個人再生のデメリットを把握【プロの力を借りて早期解決を目指せ】 All Rights Reserved.